★THE NORTH FACE SUMMIT SERIES EXHIBITION レセプションパーティー★


3日 渋谷で行われた「THE NORTH FACE SUMMIT SERIES EXHIBITION レセプションパーティー」に行ってまいりました!
この冬からスタートするノースフェイス・サミットシリーズの商品ラインナップのお披露目、この日は写真家・石川直樹氏のトークショーがメインの催しでした。
1103_1.jpg
石川氏のトークは聞き応えがあり、旅の始まりが高校生の頃に夏休みを利用し単独でインド、ネパールを旅したのが始まりとの事。凄いなぁと関心しきりでした。
彼の旅(冒険)も今後、チェックして行かねばなりません!

1103_2.jpg
TNFアンバサダーの平山ユージ氏も会場にいらっしゃいました!
厚かましく写真をご一緒させていただきました....(笑)
スポンサーサイト

★秋の信州・斑尾山トレッキングツアー開催★

秋のパーマーク・トレッキングツアーは、長野県北部の斑尾山へ。当日はあいにくの空模様となってしまいましたが、ツアー前に冷え込んだ日が多かったせいか、紅葉の色づき具合もちょうど良く、赤や黄色に染まった木々を楽しむことができました。

CIMG6966.jpg
登山口の大池からスタート。最初は別荘地を抜けていく。

CIMG6968.jpg
まっすぐに伸びたカラマツ林の中を進む。

CIMG6972.jpg
最初の50分はとても緩やかな登山道でしたが、ここから斜度が急に。

CIMG6976.jpg
左にミズナラなどの広葉樹、右に杉と対照的な植生の間にまっすぐ付けられた登山道。このコース一番の正念場です。

CIMG6977.jpg
主に春に出るアミガサダケを発見。高級きのこです。

CIMG6984.jpg
約1時間、急な登りを登り切ると、周りの植生がブナに変わりました。落ち葉はふかふかして気持ちいい。

CIMG6986.jpg
出発してちょうど2時間。山頂に到着。

CIMG6996.jpg
風もあって寒かったので、ゆっくり休憩できず・・・ 万坂峠へと下山開始。

CIMG6988.jpg
苔についた水滴が、なんとも幻想的でした。

CIMG7004.jpg
周りが霧に包まれているせいでしょうか、真っ赤に染まったヤマウルシが際立ってます。

CIMG7008.jpg
斑尾山から2時間、万坂峠到着。周りの素晴らしい景色を望むことが残念ながらできませんでしたが、雨の日でも楽しめたでしょうか?

◆今回のルート:大池登山口~斑尾山~万坂峠 距離:6.54km 所要時間:4時間40分(休憩時間含む)

中房~大天井岳の旅。

友人を連れて、8年ぶりに大天井岳に行ってきました。
中房~合戦小屋は雨具着用でしたが、
稜線に出てからは下山までずーっと晴れててくれました。



大天荘はゴハンが美味しいと有名ですが、
夕食はお魚orお肉のメインディッシュが選べます♡
私たちはガッツリお肉を頂きました!!

DSC_2860r.jpg

2日目は富士山もくっきり。
朝は寒さに耐えながら、ここぞとばかりに写真を撮りまくりました!!
普段ひとりで登ることが多い私にとってはとっても充実した2日間でした。 (難波)

DSC_2921r.jpg
CIMG5258r.jpg
DSC_2840r.jpg


★秋の机上講習会 【山岳遭難防止セミナー・山岳医療の現場から】 開催★

CIMG6961.jpg

最近の登山ブームによる登山者人口の増加により、事故件数も増加しているという話題をよく耳にします。少しでも登山事故を防止するために、実際起きた事案を踏まえての講習会を開催しました。

講師にお招きしたのは、看護師であり日本登山医学会認定山岳ファーストエイドプロバイダーを務める棚辺光司さん。この夏、槍ヶ岳と剱沢の診療所に従事し、実際に起きた事案を踏まえ、どう事故を防げばよいかの内容でした。

特に、脱水症状が引き金となる事案が多いことを挙げ、登山者自身が脱水症状になる原因から陥らないための方法を、解説して頂きました。
圧倒的に多くの方が水分補給量が足りないとのことで、登山中に必要な水分補給量の計算式も教わりました。

そしてこれから寒さが厳しくなると心配なのは低体温症。(実際には一年中起こりえるそうです)
低体温症になる原因・予防策の基本を教わりました。

2時間という短い時間での講義でしたが、とてもわかりやすく、多くの方が実践できる登山事故の予防策であると感じました。

また機会を作りまして、開催したいと思います。

パーマークミニコンペ in クライミングジムC-BOX

9月20日(水)にクライミングジム『C-BOX』でミニコンペ&クライミングシューズの試足会を行いました。

参加無料、予選も無くひたすら課題を落とし続ける体力勝負のミニコンペですが、平日にもかかわらず20人以上のもの好きな参加者が集まりました(´ω`人)
2017-9-20


昼間しか来れないクライマーもいるので、【昼の部】と【夜の部】に分けたのに昼の部から夜の終了まで10時間近くぶっ続けで登る変態ツワモノも数名・・・

2017-9-20-6.jpg


課題数は当初40課題程でしたが、コンペ中につくった課題が次々追加され、最終的には50課題近くになるという変則コンペでした。参加者のみなさん本当におつかれさまでした!!

課題はまだC-BOXにありますので、落とせなかった課題や今回参加できなかった人は是非TRYしてください!!
(すべての課題を完登した人にはコンペとは別に特別賞が出る・・・かも・・・)

2017-9-20-2
プロフィール

Parr Mark

Author:Parr Mark
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR