【マラソン・トレイルレースのための水分・栄養補給講座】開催!

20190817栄養補給講座
お盆もあっという間に過ぎ、もうすぐ9月。9月以降トレイルランニングやマラソンの大きなレースが各地で開催されますが、レースで好成績を残したり、少しでもいい結果を求める方に向けて、水分と栄養補給術にフォーカスした講座を開催しました。今回も講師をお願いしたのは、多くのトレイルランナーやエンデュランスレーサーをサポートしているベスパの齋藤さん。レース前から本番に向けての補給術に加え、日常のトレーニング方法に至るまで詳しく説明して頂けました。内容もとても濃いものとなったようです。ぜひこれからのレースに向けて、今日学んだ内容を活かして頂きたいと思います。
スポンサーサイト

【苗場山日帰りトレッキングツアー】開催しました。

8月7日(水)、新潟県と長野県にまたがる日本百名山・苗場山(2,145m)への日帰りトレッキングツアーを開催しました。

DSCF0141.jpg
7:30 小赤沢3合目より登山開始。朝から蒸し暑く、4合目の時点ですでに汗だく。

DSCF0143.jpg
5合目付近から針葉樹のオオシラビソが目立ってくる。

DSCF0154.jpg
6合目から8合目にかけて小赤沢ルートの登りの核心部で急登が続く。登り切ると山頂から続く高層湿原の一端に出る。

DSCF0159.jpg
秋山郷の最深部にある二百名山・佐武流山。

DSCF0160.jpg
昨年登った志賀高原の岩菅山方面。

DSCF0165.jpg
高層湿原らしい池塘

DSCF0166.jpg
自然が造った庭園。

DSCF0168.jpg
南北に約4km続く日本でも有数の高層湿原。

DSCF0172.jpg
暦のうえでは秋。ワタスゲが秋の訪れを感じさせます。

DSCF0171.jpg
3合目から3時間50分、苗場山山頂到着。この頃から雷が鳴り始め、残念ながら山頂ではゆっくりできず、下山へ。ひどい雨にならなかったのが幸いでした。

DSCF0144.jpg
モミジカラマツ

DSCF0147.jpg
サンカヨウの実

DSCF0150.jpg
ハナチダケサシ

DSCF0163.jpg
キンコウカ

DSCF0169.jpg
ニッコウキスゲ


三国川 芋川 ジロト沢佐俣 沢登り

去年とは一転、長梅雨でなかなか計画が立てづらい中、この日の予報も曇りのち雨( ノД`)  それでも15時までは降らなそうだから大丈夫だろう!という事でジロト沢の沢登りに行ってきました。

メンバーはいつものHさんとの2人パーティー。
ホシノ遅刻で9時20分に行動開始。予報に反して天気は良好♪
2019 7 16 2

砂防ダムの脇の踏み跡をしばらく歩くと本来の入渓ポイントに着きますが、当たり前のように駐車場から直接入渓します。
想像よりも水量はありますが、前回の烏帽子沢が全く水に浸かれなかったので直ぐに水遊び開始!
2019 7 16 3
2019 7 16 5

今回の主な装備
・ザック:パーゴワークス/バディ33  (この日デビュー、ロープの出し入れやヘルメットの収納もし易く、重心も高めでクライミング時のも動きやすいので今後は沢はこのザックになりそう)
・シューズ:キャラバン/KR-5F(フェルトソール)
・ウエア:ファイントラック/スキンメッシュT、ストームゴージュアルパインパンツ、ドラウトゼファーT(下山時の着替え用でしたが天気が良かったので着用。高巻、藪漕ぎでも目立った痛みもなく耐久性も◎)
・その他:ロープ8㎜×30M、登攀用具(スリング、カラビナ等)
2019 7 16 4

簡単な小滝やナメ滝を楽しみながら2時間程進んでいくと、大迫力の布晒ノ滝が!!(゚д゚)
2019 7 16 6

右股を横目に圧倒されながら、少し進み今回のメインディッシュ左俣150メートル大滝に到着!
綺麗にアーチ状に雪渓が残っていましたが、いつ崩れてもおかしくなさそう。2019 7 16 11

2019 7 16 7

雪渓の左岸の草付きを登り、水流近くのスラブを登攀開始!!・・・・が!出だしが想像以上に悪い!! 絶対にミスのできないヒリヒリの登攀で出だしをクリアし、大スラブ帯を登るがフェルトソールのため緊張感のある登りが続き、途中の腰を降ろせる場所で小休止。
2019 7 16 8

一息ついた後で、Hさんからせっかくロープを持ってきたからホシノが不慣れな灌木を使ったプロテクションやビレイ用の支点を作る練習をしよう、という事になりトップで登攀開始。
が、ロープ結んだことで欲が出たかルートはファインディングでミスり難しめのルートを選択し、フリクション不足のフェルトソールで絶対にミスできないヒリヒリの登攀に・・・・・・・2ピッチ練習した後はロープをしまい、60メートルのスラブ等の快適な登りが続き・・

150メートル大滝と並んで名物のツッパリの釜!!
あれ!? Hさん!! 大滝の出だしの絶対ミスできない取りつきをトップで登った勇姿が・・・・・
2019 7 16 10

この後は小滝をいくつか超えて稜線に出て藪漕ぎしながら下降路の目印の雨量計小屋から下山。が!下山道が想像以上に悪くて滑りやすく、フィックスロープをフル活用。かなりシンドイ下山でした。

駐車場には18時に到着。予報に反して1滴も雨に降られず良かったなぁ(^^)
と話してたら、六日町や小出は大雨で災害警報が出てたそうな((((;゚Д゚)))))))

2019・7/16   by ホシノ







ニューハレテーピング講座

1ヶ月ほど前ですが、越後カントリートレイル直前にニューハレの芥田さんをお迎えして、ランナーさん向けのテーピング講座を開催しました。(遅くなってごめんなさい)
参加された皆さんもレース直前ということもあり前のめり!
テープを購入するとわかりやすく貼り方が書いてありますが、芥田さんの言葉が加わるとさらに自信を持って貼れるようになります。

201907161435545f9.jpeg
ニューハレは伸びるので動きをスムーズにしたままサポートしてくれます。
貼る前に出来るだけ腰を曲げてテープを伸ばさずに貼りましょう。
そして手のひらでテープを温めてあげると剥がれにくくなります。
貼った後にこのようにシワができますが、これがパフォーマンスアップにつながります!
膝に貼る場合も同様に、膝を90度に曲げて貼り、立位になってシワができていればOK!

201907161435531b8.jpeg
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!
そして完走おめでとうございます☺︎

【平標山トレッキングツアー】 開催レポート

5/29(水)、お客様と平標山へ行ってきました。
CIMG3057.jpg

スタートはお天気もまずまず。時々暑いくらい。
鉄塔まで登ると、雲が流れて景色もバッチリ見えてきました。

GOPR0862_1559103909835_high.jpg
GOPR0864_1559103909835_high.jpg

CIMG3102.jpg
CIMG3099.jpg

徐々に山頂方面がガスり始め、真っ白に!!
風も強くて、皆さんココはちょっとしんどかったかな~…

CIMG3101.jpg

なんとか山頂に到着。
風も少しおさまり、ココでランチタイム。
店のフラッグを忘れてしまいましたが、常連さんのレアなパーマーク手拭いに救われました(笑)

CIMG3103.jpg

休憩中にほんの一瞬のご褒美!!
GOPR0867_1559103909835_high.jpg

下山開始です。平標山乃家を目指します。
一部雪が残っている箇所があったので、ストックを使って慎重に…!!

CIMG3116.jpg
CIMG3120.jpg

山乃家に着く頃には、山頂では見えなかった仙ノ倉山も姿を現したそうです!!
(私は写真撮り逃しましたが…)

CIMG3132.jpg

このコースは林道に出てから駐車場までがひたすら長いですが、最後に水の音を聞きながらってのがなんとも気持ちがいいです。
帰りは温泉に浸かって無事終了!!
ご参加いただいた皆さん、お疲れ様でした&ありがとうございました!!

GOPR0898_1559110445432_high.jpg
プロフィール

Parr Mark

Author:Parr Mark
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR